もしも貴方が実印を必要とする時のために知っておきたいこと

実印作成

実印が必要になる場面とは

印鑑

たいていのことは認印で済ますことができますが、場面によっては必ず実印が必要になってくることがあります。まず一番よく知られているのは、不動産の取引をする時です。不動産を購入する際に、登記移転の手続きをする時に必ず実印が必要になってきます。そして、不動産ではなく動産の名義を変更する時にも必ず実印が必要になります。
この動産とは中古車などのことをいい、個人同士で売買を行う時に所有者を変更するための手続きなどの際にやはり実印が必要になってきます。また、自宅などを担保にして銀行などの金融機関から融資を受ける時にも実印が必要になります。そしてこの他にも、遺産相続の際に遺産分割協議書に押印するのも実印でなければなりませんし、保険の契約やローンの契約を結ぶ際にもやはり実印が必要になってきます。
このように、実印は普段の生活の中で必要になることはほとんどありませんが、名義の変更や契約などお金に関する場面の時に必要になることがあるので、やはりそれなりの年齢になると作っておいた方がいいと言えます。また、印鑑証明と実印があれば契約などの時に自分の信頼度を上げることにもつながっていくので、家庭を持っている人はいざという時に困らなくていいようにやはり実印を作っておいた方がいいと言えるのです。

CONTENTS

TOP