もしも貴方が実印を必要とする時のために知っておきたいこと

実印作成

実印として使える印材というのは

捺印をする

実印というのは、使える印材が特に限定されているわけではないです。例えば、象牙などは非常に高級品として人気がありますし、翡翠なども古くから印材として貴重になっています。もう一つとしては、水牛の角というのが人気になっています。
最近ではチタンなどを使うこともとても需要が高まっています。何故かといいますとこれはとても頑丈であるからです。そうした意味では非常によい物であり、お勧めできます。ちなみに実印の場合、名前も入れることがあります。ですから、そうする人も多いのですが、これはなかなか難しいことでもあります。それは子々孫々に伝えることができなくなってしまうからです。要するに名前まで子供と同じなわけではないですから、あくまで長く、それこそ、百年単位で使うつもりがあるほどの良い印材で作るのであれば、姓だけにするとよいでしょう。
そうすれば長く子供達にも遺すことができるようになります。姓が同じであれば、そのまま使えることになります。もちろん、印鑑証明登録というのは、また個別にやる必要があります。子供に遺す場合でもこれは同じになります。ちなみに大抵の印鑑は作り直すことができます。そうした意味でも実印は高級な印材はお勧め出来ます。

CONTENTS

TOP